手続きNavi

主な手続きの早見表です。

状況に応じて、申請書類や添付書類を別途お願いすることがあります。

保険証に関する手続き

退職する

健康保険証(本人・家族分全て)

5日以内

任意継続する

退職日から20日以内

名前が変わった

事業主経由にて申請

社内氏名と変更の場合も申請が必要

保険証を紛失や毀損した

すぐに

紛失した場合は、必ず警察に届出をしてください。

扶養家族に関する手続き

結婚により、被扶養者を追加する

入籍がわかるもの→結婚受理証明書等

原則 事実発生日から5日以内

生まれた子どもを被扶養者にする

出生日から5日以内

退職した家族を被扶養者にする

所得証明書

離職票1.2(写)、退職証明書、資格喪失証明書 など

退職日から5日以内

別居している家族を被扶養者にする

申請する家族の住所の世帯全員の住民票

収入状況がわかるもの

仕送り証明書(仕送り額のわかる振込明細書または書留受領書 直近3ヶ月分)

扶養にする状況になった日から5日以内

就職した家族を被扶養者から外す

家族が就職先で取得した健康保険証(写)

被扶養者から外す家族の健康保険証(原本)

就職日から5日以内

収入が増えた家族を被扶養者から外す

被扶養者から外す家族の健康保険証(原本)

収入が増えた日から5日以内

失業保険を受ける家族を被扶養者から外す

雇用保険受給資格者証(両面写)

被扶養者から外す家族の健康保険証(原本)

失業保険受給開始日から5日以内

病気やケガをしたとき

医療費が高額になりそうなとき

申請後、「限度額適用認定証」を発行いたしますので、病院窓口に提示ください。

この制度を利用しない場合は、診療月から約3ヶ月後に、健康保険組合より被保険者へ

(在職中の方は、事業主経由)自動的に還付しますので、申請の必要はありません。

治療用装具

装具作製確認書

装具代金領収証(装具領収書内訳書含む)

医師の証明(意見書、作業指示書、装着証明書)

装具の写真も添付

治療用の眼鏡

眼鏡代金領収証(領収内訳含む)

医師の証明(意見書、作業指示書、装着証明書)

9歳未満の小児

治療用の弾性着衣

弾性着衣代金領収証(領収内訳含む)

医師の証明(意見書、作業指示書、装着証明書)

立て替え払い
(保険証を提示できなかったとき など)

領収書および診療報酬明細(レセプト)など

はり・きゅう・あんま・マッサージ・指圧の施術を受けた

施術費用の領収書

※療養を受けた方の氏名とその施術費用であると記されているもの

医師の同意書

※必ず保険医の診察のうえで交付を受けたもの

※初療、変形徒手矯正術、および6ヶ月を超えて引き続き施術が必要な場合、再度保険医の診察を受けて同意書(原本)を添付してください

※医師の同意書(原本)の交付がないときは、同意書(写し)を添付してください。

※初療の日から1年経過して、月16回以上の施術であった場合は施術師が記入した原本を添付してください。

施術報告書(写し)

※施術報告書の交付(任意)を受けた際の交付料を申請する場合は、添付してください。

交通事故などでけがをした

事故発生状況報告書

交通事故証明書

念書

すぐに

出産に関する手続き

直接支払制度を利用して出産

支払基金より請求があるため手続きは不要

直接支払制度を利用せず出産

申請書に医師・助産師又は市区町村長の証明が必要

生まれた子どもを被扶養者にする

受取代理制度を利用

出産育児一時金申請・受取代理契約書(合意書)控の写し

分娩費内訳明細書(領収書)の写し

生まれた子どもを被扶養者にする

産休をとったとき(被保険者本人が出産した)

産休をとった

事業主経由にて申請

亡くなったとき

※在職中の方は事業所経由でご提出ください 事業所が証明するため添付書類も必要無

被保険者・被扶養者が死亡した
【埋葬料(費)】

死亡診断書・埋葬許可証など死亡に関する証明書の写し

生計維持関係のない方が埋葬を行った場合はその領収証および明細書(いずれも原本)

※領収書には支払者のフルネームを明記

亡くなった人の健康保険証(原本)

被保険者が死亡した
【保険証】

健康保険証(被保険者・被扶養者全て)

死亡日から5日以内

被扶養者が死亡した

健康保険証

死亡日から5日以内